<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< シロに会う。 | Main | だんなのねごと >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
スピッツ

CYCLE HIT 1991〜1997 Spitz Complete Single Collection

CYCLE HIT 1997〜2005 Spitz Complete Single Collection



スピッツはかなり好きだが、持っているCDはそんなに多くない。
このシングルコレクションも、そのうち買おうと思ってるうちに半年が過ぎ、先日やっとゲット。
早く買えばよかった。
想像以上。
今までのシングル並べたら、こんな凄いものになるんだ…

めくるめくスピッツワールド。
最初から最後まで、すべて良い。
初めて聴く曲も数曲あり、それがまたどれも信じられないほど良い!
その中で特に気に入ったのは、
「惑星のかけら」
ちょっとハードな曲調にも、マサムネ氏の気だるい歌い方にも、‘骨の髄まで愛してよ’って歌詞にもメロメロ。
「日なたの窓に憧れて」
明るくさわやかだけど、歌詞をよく聴くと‘君とヤりたい’って内容。
ツボだなぁ。
「夢追い虫」
最初は、こんなこと言われてみたい胸キュンな歌詞なんだけど、突然妖しくなり、最後は現実的。
「正夢」はいい曲だと思ってたけど、じっくり聴いてみてやっぱり名曲だと思った。
‘まともじゃないってわかってた’って歌詞が謎。
不思議な歌詞もスピッツの魅力だけどね。

2枚目を最後まで聴いて、1枚目の頭に戻ってみても、ほとんど違和感がないのが凄いところ。
15年間、マサムネは変わらないし、衰えない。
声も才能も、枯れない。

マサムネくん、ずっと好きではあったけど、これ聴いて恋してしまった。
そして、今までのアルバム、やっぱり全部買ってればよかったと思う。

| 音楽 | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| - | 13:32 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://pioka.jugem.jp/trackback/8
TRACKBACK