<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「タロットカード殺人事件」 | Main | 「わたしを離さないで」 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
JUGEMテーマ:映画




クリストファー・ノーラン 監督
2007 アメリカ

19世紀末のロンドン。
ロバート・アンジャー(ヒュー・ジャックマン)とアルフレッド・ボーデン(クリスチャン・ベイル)は、天才的なマジシャンとして頭角を現し始めていた。
ある日、脱出マジックが失敗し、アンジャーの妻が命を落とす。
ボーデンの縛ったロープがほどけなかったのだ。
アンジャーは復讐を誓い、二人のマジック対決は熾烈になっていく…


たまたま予告を見て、面白そうだったので借りてみた。
「タロットカード殺人事件」見たあとだったので、ヒュー・ジャックマン見て「あれっ、また?」と思い、さらにスカーレット・ヨハンソンも出てきたので、ちょっとビックリ。
ヨハンソンは今回セクスィ〜系。

シャーロック・ホームズの時代のロンドン、天才マジシャンが二人。
それだけで、なんかワクワクしちゃいますね。
相手に勝つことに執着し続ける二人の攻防は見応えがあり、面白かった。
ただ、盛り上がったところで‘何これ?SFだったの?!’ってな展開になってビックリ。
帽子や黒猫が出てきたとき、腹立たしさすら感じたもん。
んな、バカな!?!?
そこから最後まで、冷めた気持ちを立て直すことができなかったな〜。

最後の種明かしも、徐々に分かってくるので、驚きはないです。

それでも、それなりに楽しめる作品ではありました。
| 映画 | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| - | 19:40 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://pioka.jugem.jp/trackback/128
TRACKBACK