<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「プレステージ」 | Main | 「マスタッシュ」木村カエラ >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

JUGEMテーマ:読書


カズオ・イシグロ
土屋政雄 訳
2005 イギリス

ルーシーは‘提供者’の世話をする‘介護人’を、14年間続けている。
しかし、その仕事もあと数ヶ月で終わることになった。
ルーシーは、自分が生まれ育った施設へールシャムに思いを馳せる・・・


ジャンルでいえば、ミステリー、ってことになるんでしょうが。
特異なミステリーです。
‘衝撃作’の評判通りでした。

‘提供者’の意味とか、大筋は読み始めてすぐ分かってしまいます。
でも、分かってからが怖い。
怖くて、でも先が気になって、取り憑かれたように読み進んでしまう。
そして、結末さえも分かっていたはずなのに、ラストでは茫然自失・・・
読み終わってからもしばらくは、なんとも言えないやるせなさが残って、いつもの自分に戻るのが難しかった。

読み応えのある、分厚さと、内容。
文庫も出たようですし、ミステリー好き・本好きにオススメです。

カズオ・イシグロは長崎生まれで、幼少時にイギリスに渡り、現在イギリスで作家活動をしています。
イギリスの文学賞を受賞した「日の名残り」も、面白かった!
| | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| - | 11:39 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://pioka.jugem.jp/trackback/125
TRACKBACK