<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「生きながら火に焼かれて」 | Main | 「サン・ジャックへの道」 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |


歌野晶午
2003年
文春文庫


ミステリー大賞受賞作だそうです。

日本のミステリー小説なんて、学生時代に読んだ赤川次郎とか、夏木静子ぶりじゃないだろうか。
最近、読みたい本がなかなか見つからなくて、今まで避けてきたジャンルにも手が伸びるようになりました。

しっかり騙されましたよ。
途中、何となく違和感を覚える場面は、何回かあったんです。
でも、見抜けなかったな〜。
勘のいい人には分かっちゃうかも。

最後は思いがけなく感動させられました。
そう、人を好きになるって、不思議なものです。
爽やかな読後感でした。
| | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| - | 14:38 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://pioka.jugem.jp/trackback/121
TRACKBACK