<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!


思いっきりネタバレ。未見の方、注意。

10日、OTさんのライブに行ってきた。

始まるまでは、かなり不安だった。
月曜夜の栄は、人通りも少なめ。
特に会場周辺はひっそりしてると言ってもいいほどで、イルミネーション的なものもない。
さらに、ホールのある芸術文化センターに入ると、美術館は休館日だし、ほかのホールも使われておらず、ぜんっぜん人がいない。
照明ついてないとこもあるし。
さみし〜っ!
暗〜っ!
長いエスカレーターを乗り継いで大ホールの入り口にたどり着いたけど、そこがまた暗い!
グッズの先行販売やってたけど、人はまばら。
近年はファンの年齢層も上がってきてるので、そんな早い時間からは来る人は少ないんデス。
とはいえ、‘もしかして今日はガラ空き?!’と心配になるほどの出足の悪さ。
普段着の人達がパラパラとやってきては、薄暗いロビーで静かに待っている。
ただでさえノリの悪さで悪評高い名古屋なのに、この感じじゃ、今日はどんなんなるの?!
私と、一緒に行った妹も自然小声になり、
‘まわりの人、誰も立ち上がらなかったらどうする…?!’

しかし!
始まってみると、楽しかったんだよ。
民生の歌、冴えてたなぁ。

個人的には、前半の選曲がよかった。
1番よかったのは「ワインのばか」でしょう!
歌もギターも熱が入ってたなぁ。
前から憎からず思ってたけど、改めていい曲だなと。
そして弾き語りの「CUSTOME」。
魂込もってたよ。
反応が鈍くてバカにされがちな名古屋人相手に、よくぞここまでと感動するほど。
今思い出しても、ちょっと泣ける。
後で、
「しまった、選曲間違えたっ!アンコールだった〜っ!」
って言ってましたけどね。
客席も、もの凄い引き込まれたあと正気に戻り、
「なんか、終わっちゃった?!」
「これはアンコールだろぉ」
ってざわついてたもん。(笑)

後半は、「Fantastic OT9」の曲が多かった。
前回のツアーでほとんどの曲をやったし、最近「BETTER SONGUS」ばっかり聴いてたから、やや拍子抜けな感じ。
ただMCのときに説明してたけど、今回のツアーは前回の続編で、前回行けなかったところに行くってヤツなんだって。
「だから、名古屋は特別ですよ。…何の癒着か?笑」
って。
そういえばツアータイトル、「FANTASTIC TOUR ‘AGAIN’08」だもんね。
なるほど。

数曲やってMC、を繰り返す、いつものパターン。
MCも冴えてたよ〜。
しかし最近のOTライブは、曲の時も、MCの時も、客席は本当におとなしい。
「20年かけて作り上げてきた、この感じ!ある意味一体感!」
「フェスなんかでシーンとなってると、知らない人は心配してくれる」
なんて笑ってたけど。
私としても民生のゆる〜いトークも、まったりした一体感も好き。
だけど、ライブ全体としては、もっともっと盛り上がって日頃のウサをはらしたい!
全部出し切ってスッキリしたい!
…と、毎回思うのです。
この歳になっても。
ステージと客席が一体となって、誰もが自分を忘れて盛り上がる…そういうライブを望みます。
民生もそれを目指してるよね。
観客も……??(ちょっとギモン)
「各地こんな感じですから、心配しなくていいですよ」
って言ったのは、いつも引け目を感じている名古屋人への優しさかな。
それを真に受けちゃうのが、どうかと思うけど。(苦笑)

それでも今回は、民生の歌が本当によかったし、派手めな照明や花火にも煽られて、なかなか楽しく盛り上がれたと思う。

花火、ビックリしたよぉ!
民生のライブで花火なんて、誰も予期できないっしょ。
しばらく客席のざわめきが納まらなかったもん。
アンコールのMCも、ずっとその話でおかしかったー!
「オレ、ギターソロなのに誰も見てない」とか、
「(ベースの小原さんに)もうすぐ出るよって合図したのに」とか、
「お年寄りがいるときは、(ちょっと下がって、みたいに)こう合図してあげよう」とか、
延々楽しそーに話してるOTさん。
面白すぎ。
居酒屋でしゃべってる酔っ払いだよ。
素のOTを見たようで、なんかかわいくって、親しみを感じてしまいました。
飲んじゃえば、うちらと同レベルだってこともわかったし。(笑)

というわけで、不安の中で始まったライブだったど、楽しかった。
終わったあと、な〜んかあったかい気持ちになった。

残念だったのは、アンコールが1回だったこと。
是非是非もう1回出てきてほしかったデス。
| 音楽 | 23:38 | comments(16) | trackbacks(0) | pookmark |
JUGEMテーマ:音楽




カエラの新曲。
前作の「Jasper」もいい曲だったけど、これもいいですねぇ。
ロックですねぇ。
好きです。
ちょっと女の子ちっくな歌詞もよろし。

JUGEMU 仲間ってこともあり、彼女のブログもたまに見ます。
どの写真もかわゆい〜。
なんて端整な顔立ちなんだろ。
ナチュラルメイクのスナップ写真でも全然オッケー、ってか、更にかわゆいかも。
オバサン羨ましいッス…
過去には、OTさんも何度か登場してますね。
カエラと並ぶと更にオッサン度が増すっぽい(苦笑)

OTカバーズの中でも、カエラの「マシマロ」が1番が好きかも。

| 音楽 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
記念ライダー1号・2号〜2枚セット特典ヒストリーブック付き、予約した。
でも、収録曲見たら、ややがっかり。
好きな曲が全然入ってない。

全シングル+ファン投票で選ばれた曲、だそうだが、投票ってちょっと前にやってたっけな。
なんか、私の好みとは全然ちがうなぁ。
他にも名曲がいっぱいあると思うけどなぁ。
‘全’シングルにも、こだわらなくていいのに、と思う。
こだわるなら、いっそシングル集にしたらいいし。スピッツみたく。
ちょっと中途半端に感じちゃう。
OTらしくなく。

ファンのための「3号」も出してほしい。
「ハネムーン」「ロボッチ」「それは何かとたずねたら」、入れていただきたい。

と、発売前からケチをつけてしまったけれど、OTファンではない人にも聞きやすく、楽しめる内容だとは思う。
| 音楽 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フィードバックファイル (初回限定盤)(DVD付)


購入から2週間。
毎日、車の中で聴く。
雲ひとつない青空の日に、これを聴きながらびゅ〜んと走るのは、気分爽快だ。
前作の「ファンクラブ」はあまり好みではなかったし、‘カップリング集’みたいな企画モノってどうなの?と思ってたけど。
しばらくは聴き続けることになりそう。

すごく気に入った曲やフレーズっていうのは、今のところないんだけど、強いて言えば「Hold me tight」かな。
Hold me tight, I miss your love
…って、キャッチーなメロディーと歌詞をゴッチが歌うとね、いい感じ。
いろいろ言っても、ポップでかわいいラブソングは私の好みだし。

初回盤特典のライブDVDを見れば、ますます気分爽快。
ストレス発散。
ライブ行きたくなっちゃう。
| 音楽 | 07:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2年前の今日、広島にいた。
大雨の天気予報は外れ、見事な快晴。
街にはOTのポスター、OTの市電、OTのお弁当、OTのTシャツ着た人達…などなど、OTがいっぱい。
楽しかったなぁ。

OTソロ10周年の、ひとり股旅@広島市民球場。
来てよかったと思った。

個人的な思いが重なり、「人間」で泣いた。

平和公園、市民球場、市電、山、川…
おいしいものたくさん。
広島はいいところだった。
今日も快晴かな。
| 音楽 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ショッピング


井上陽水奥田民生が再始動するそうだ。
12/20シングル「Parallel Love」発売。

10年前に出たアルバム「ショッピング」はよかった。
当時いわゆる‘企画モノ’と思って軽い気持ちで聴いたのだけど、お二人を見くびってました…
最初から最後まで、全曲よい。
ゆるいような、張り詰めているような。
まさにこの二人ならではの音楽。
そして凄みを感じるほどの、完成度の高さ。
OTさんは、それまでの自作曲にはなかったタイプの曲を歌い上げていて、当時はなんかドキドキしながら聴いたものだ。
お気に入りを一曲あげるとしたら、う〜ん、難しいけど…「2500」とか。

キョンキョンの「月ひとしずく」とPUFFYの「アジアの純真」のセルフカバーが入ってるのもお楽しみ。
秋の夜長にまったり聴くのにぴったり。

不思議なことに毎年、おでんが食べたくなるのとこのアルバムが聴きたくなるのが、同じ時期なんだよね。
今年もそろそろですかね。
| 音楽 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
魔法のコトバ


ほのぼのと可愛くて、いい曲なのだ。
ケータイの着メロにもしてる。
「CYCLE HIT」に「春の歌」までしか入ってないのが残念だと思ってたんだ。
「春の歌」もいいけど、私の好みとしては最後はカワイイ系の曲で終わってほしい。
TUTAYAで中古で出てたので、買っちゃった。
もちろん、「CYCLE HIT」の次に入れて、続けて聴く。
とっても満足。

映画「ハチクロ」の主題歌ということで、歌詞はその内容とリンクしてるらしい。
‘君は何してる?笑顔が見たいぞ’
だって。
何やら甘酸っぱいですねぇ。
映画を観た人は、さらに胸に響くのでしょう。

カップリングの「シャララ」もいいんだよね。
軽快な曲調で、歌詞も最初は明るいかと思いきや、
‘全てを ブチ壊したい’
なんて言われてドッキリ。
胸が痛くなるようなつらい言葉もサラッと歌う、マサムネのセンスが好きだ。
| 音楽 | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
民生が、スティーブ・ジョーダンの夫婦ユニット「The Verbs(ヴァーブス)」に参加するそうだ。
スティーブはエリック・クラプトンとのセッションなどで、世界的に知られるドラマー。

アメリカツアーにも参加する予定だそうで、初の海外進出ですね。
20年近くも好きなので、感無量です。
素晴らしい、OT!
頑張れ、OT!
でも、民生が遠くに行っちゃうみたいでちょっと淋しい…
なんて陳腐な言い方だけど、そんな気持ちもあり。
ちょっと泣けた。
ファン心理ですネ。

洋楽に詳しくないので、今までスティーブ・ジョーダンのことは「民生の音楽仲間」としてしかよく知らなかったんだけど、本当に偉大なドラマーなのネ。
ほかのメンバーも一流のミュージシャンばかりだそうで、そこに民生がボーカルとギターで参加するなんて、鳥肌立ちそう。
| 音楽 | 19:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
君繋ファイブエム


車に聴きたいCDを持っていって、CDチェンジャーに入れる。
      ↓
出したCDを持ってきたCDのケースに入れ、適当なところに置く。

ということを繰り返すので、CDがよくなくなる。
最近アジカンの「君繫ファイブエム」が聴きたくなって探しているのだが、見つからない。
手当たりしだいCDのケースを開けてみるが、「君繫」でも、本来の中身でもないものばかり出てくる。
これからアジカン聴くのにいい季節なのに。
秋風を感じる今頃もいいし、霜の降りはじめる初冬や、正月や、厳寒期もいい。
秋冬に、心地よい緊張感なのだ。

…さ、もう一回探そ。
| 音楽 | 13:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スピッツ

CYCLE HIT 1991〜1997 Spitz Complete Single Collection

CYCLE HIT 1997〜2005 Spitz Complete Single Collection



スピッツはかなり好きだが、持っているCDはそんなに多くない。
このシングルコレクションも、そのうち買おうと思ってるうちに半年が過ぎ、先日やっとゲット。
早く買えばよかった。
想像以上。
今までのシングル並べたら、こんな凄いものになるんだ…

めくるめくスピッツワールド。
最初から最後まで、すべて良い。
初めて聴く曲も数曲あり、それがまたどれも信じられないほど良い!
その中で特に気に入ったのは、
「惑星のかけら」
ちょっとハードな曲調にも、マサムネ氏の気だるい歌い方にも、‘骨の髄まで愛してよ’って歌詞にもメロメロ。
「日なたの窓に憧れて」
明るくさわやかだけど、歌詞をよく聴くと‘君とヤりたい’って内容。
ツボだなぁ。
「夢追い虫」
最初は、こんなこと言われてみたい胸キュンな歌詞なんだけど、突然妖しくなり、最後は現実的。
「正夢」はいい曲だと思ってたけど、じっくり聴いてみてやっぱり名曲だと思った。
‘まともじゃないってわかってた’って歌詞が謎。
不思議な歌詞もスピッツの魅力だけどね。

2枚目を最後まで聴いて、1枚目の頭に戻ってみても、ほとんど違和感がないのが凄いところ。
15年間、マサムネは変わらないし、衰えない。
声も才能も、枯れない。

マサムネくん、ずっと好きではあったけど、これ聴いて恋してしまった。
そして、今までのアルバム、やっぱり全部買ってればよかったと思う。

| 音楽 | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |